リンパマッサージの資格を取って多くの人を幸せにしよう

男女

看護師になる方法

看護師

看護師になろうと思い、いろいろ調べると3年通う学校と4年通う学校があることに気付くはずです。どのような違いがあるのかというと、まず3年通うのは専門学校になります。そして4年通うのは看護学部がある大学になります。3年制の専門学校を卒業すれば看護師の国家試験を受ける資格を得られます。この国家試験に合格すれば看護師になり、さらに1年勉強すれば保健師や助産師の受験資格を得ることが可能です。4年制の大学では看護師の勉強をしつつ保健師や助産師の勉強を受けられる学校もあるので、卒業すれば看護師、保健師、助産師の受験資格を得ることが可能です。つまり、保健師や助産師になるためには4年間の勉強が必要になります。そのため、最近では専門学校でも保健師などの受験資格を得るために4年間のコースができています。
看護大学では一般教養も勉強するので、看護のみの勉強だけでなく幅広く勉強したいのであれば大学に通うことを検討してもいいでしょう。どの学校を卒業し看護師になったとしても初任給には殆ど変わりがありませんが、年数が経つにつれて大卒の給料が高くなる傾向があります。しかし、専門学校卒業でもしっかりとした知識や技術があれば給料が高くなることは間違いないです。また、専門学校は3年で卒業できるので、大卒より1年早く経験をすることができます。1年の経験は大きいので、特に大学で学びたいものがなければ専門学校へ通い早く看護師になるといいです。さらに、1年分の学費を抑えることができますので、学費を出してくれる親への負担が少なくなります。