リンパマッサージの資格を取って多くの人を幸せにしよう

男女

義肢や装具を作る人

医者

義肢装具士というのは事故や病気などで手足がなくなった人や上手く体を動かすことができない人に、適した義肢や装具を作る人です。義肢というのはなくなってしまった手足になるものですが、パラリンピックなどで義肢を装着している人を見かけると思います。最近では技術が発達したことによって手足に問題ない人よりも義肢を装着している人のほうが早く走れるようになっています。実際に義肢を装着した陸上選手が通常の大会に出場していることもあります。装具というのはある動きができなくなってしまったときに補助するもので、ギブスやコルセットなどが装具にあたります。
義肢装具士は毎日いくつもの義肢や装具を作ることは少なく、同じ人の義肢などを上手く歩けるようにしたり、違和感が発生しないようにしたりする調整が多いです。技術ももちろん重要になりますが、患者とのコミュニケーションも重要になります。しっかりと話を聞かないと患者が望むような義肢や装具を作ることはできません。そのため、患者との会話を多くすることで良いものが作れます。
義肢装具士になるためには養成学校へ通うか大学の専門科目を履修する必要があります。そこで、専門的な知識と技術について学ぶことが出来ます。学校はいくつかあるので、まずは自分が住んでいる地域にあるかどうかから確認してみるといいでしょう。そして、卒業後の就職先は、義肢を作る会社が多く病院への就職は少ないです。また、細かい調整などが必要になるので細かな作業ができる器用さが必要です。細かな作業やものを作るのが好きな人は義肢装具士を目指してみてはどうでしょうか。あまり資格を持っている人が少ない分必要とされている職業なのです。